2017年12月12日火曜日

くるくる市を開催しました

今年度3回目の子ども用品交換会「くるくる市」を開催しました。
今回は新旭ショッピングセンターエスパ特設会場にて行いました。
大人も子供もあわせて135人のご来場がありました。



今回は子供服の冬物を中心に、
ベビーバス用品、歩行器、おもちゃなども出品され
大いににぎわいました。

成長の早いお子さんの洋服や靴などは
きれいに洗ってまた出品していただくと
欲しい方のもとへと届きます。















ここで出会われたお母さん、お父さんたちは
「久しぶり~どうしてた?」とか
「お子さん大きくなったね~」とか
あちらこちらで話も弾んで、
楽しいひと時を過ごされていたようでした。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
次回は来年3月ごろを予定しています。

2017年11月30日木曜日

縁結び座談会「これからの結婚を語ろう」を開催しました

11月25日と29日に
「これからの結婚を語ろう」と題した縁結び座談会を開催しました。

1回目は安曇川公民館で、
2回目は今津の働く女性の家で行いました。
それぞれ18名、15名、合計33名のご参加をいただきました。
ここだけの話は外へ漏らさないことを約束し、
結婚についてのぶっちゃけトークで盛り上がりました!

年齢も、性別も、地域も色々の
ほとんどその日初めて会う者同士で語る結婚観は
様々な発見あり、納得あり、の連続でした。


 グループワークのお題は4つ。
①恋愛とは?結婚とは?
②結婚のメリット・デメリット
③デメリットの解決策
④結婚に対してもっとも必要だと思うこと



どんどん話して、どんどん書いて貼っていきました。
以下は出た意見の一部です。

「恋愛とは」
    愛・ドキドキイチャイチャ・  短期間 2人の気持ち次第で物事を進められる・  幸せ楽しい 結婚に通じる   自分磨き  楽しければそれでよい  好き、気が合うだけで付き合っていける 結婚する相手としてどうかと確かめる時間 いつもほんわかした気持ちが二人の間にある・困難に打ち勝つ  ただただ好き・片思い  責任が発生しない  思い込み  恋愛から結婚に進めるといいが現実はそんなものではない・・・

「結婚とは」
  愛・  楽しい  苦楽を共にする  子どもを授かる  家族が増える幸せ  人生の最良のパートナーと一緒になること・   責任が生じる  人生の安心安定  生活そのもの  忙しい  優しい相手がいて両思いであり、後継者がほしいと思う・  笑いと苦しみ  本人同士だけでなく、家族も賛成してくれて成立するものやすらぎ与え合うもの  一緒に生きる  長い付き合い  介護  たくさんの食事作り自由が利かない  現実が見えてくる  苦しみ  結婚は酒・たばこ・ギャンブルなし・・・

「結婚のメリット」
  社会的に一人前とみられる・  人並みの安心  安定  さみしくない  たすけあえる  家族が増える  相手のために料理が作れる  愛する人との一体感  自分の欠点を補ってもらえる人ができる  母になれた  自分だけでは歩めない    相談できる相手がいる・苦楽を共にした分楽しさが増す    人間関係が増える 喜びが倍になる 子育てして夫婦で成長できる  1人では生活できなくても二人なら協力して歩める  スランプの時に励まし合える  すきな人と生活できる・・・

「結婚のデメリット」
  家計が一緒になると遠出のお出かけが減っちゃう・  自分の時間が制限される  自由がない  奉仕の人生  けんかする・干渉される   価値観が合わない  自分以外の家族のことを考えなくてはいけない  忙しい・  家族が増えると心配、問題が増える・添い遂げないとよさがわからない  1人の時よりお金が必要になる  家事が増える  決定事項に時間がかかる  相手に合わさないといけない    相手親の介護など・・・

「デメリットの解決策」
    相手を尊重し干渉しすぎない・お互いに自分の時間を設ける  同じ趣味を楽しむ相手を理解しようとする心を持つ・  家事を共有するけんかをする相手がいると思う(相手がいないと喧嘩もできない)    相手とよく話し合う  話し合いが必要だが、半分聞いて半分聞き流す  男女同権の考えを家族とともに考える  思いやりの心  家事の分担、協力  見方を変えて考えてみる  どうにかなるさと楽天的な考え方を持つ・   お互い譲り合う気持ち  精神を鍛えて我慢する・・・

「結婚に必要なもの」
   次の日に忘れる・  思いやりの  認め合う  お互いを尊重しあう  相手を尊敬する  ありがとうと思う気持を持つ  自分と相手は違うことを認識しておく  自立すること  一緒にいたいと思う  あたたかい心  心のゆとり  愛情  お互いに勝手な行動をとらない  仕事=お金  相手を守りたいと思う気持  浮気をしないこと  大黒柱がしっかりすること  価値観が同じであること・・・
















普遍的なテーマである「結婚」ですが、価値観が様々なもの同士で語りあうことはなかなかなく、良い機会だったとご感想をいただきました。

  身近な結婚を望んでおられる方々への、ちょっとした働きかけが、後押しになることも多いことを知り、「おせっかいおばさん、おじさん」の力がこれからの地域を支えていっている事例などもお話しいただきました。

「結婚を語る会」が広がっていくことを期待します。






2017年11月27日月曜日

「からだのおはなし」幼児期からの性教育講座を開催しました

11月25日(土)
野洲市でママサロンSILKS倶楽部を主宰されている
山本絹枝さんをお招きして、
幼児期からの性教育についてお話しいただきました。




28人のご参加をいただきました。
具体的な事例をふんだんに交えたお話と
明るく楽しい語り口で、とってもわかりやすく、
参加された皆さんからは、

◆突然子どもに性について聞かれた時、どうしたらよいか戸惑っていたが、「こうしたらいいんだな!」と参考になりました。
◆大人からすると話しにくい内容でも「大切なこと」として真剣に話すことの大切さを知りました。
◆子どもは知りたがっているだけ、というシンプルな事実を教えていただけ、すっきりした。どの程度事実を話せばよいか具体的に聞けて良かった。

というお声をいただきました。
また、「性」とは「生」であり、
自分たちの命を見つめることや、愛情に深く関係することだという観点から
大人自身が生命の神秘への敬愛を示すことが大切だと
あらためて考えさせられる内容でした。

(さらに参加者の感想から・・・)
◇幼児期に愛情、自身、生き方を伝えることができるということが分かった。
◇なんでも話せて考えられる家庭をめざしたい。
◇本当に参考になった。ぜひ学校などで多くの人に聞いてもらいたい内容でした。

また、お子様連れで受講して下さった方が多く、
子さんたちは親子スペースで遊びながら
サポーターさんの見守りにも助けられて
お母さんと一緒に聞いていただきました。














小学校低学年から年中さんくらいのお子さんは、
時々先生のおはなしに耳を傾けていらっしゃる様子でした。
帰ってからおうちでお母さんとお話ができているかもしれませんね。

別室託児の人数が限られていて
なかなか参加できなかった、とおっしゃる方もあり、
今回、講師の先生やご受講の皆さんのご協力を得て
このようにたくさんのお子さんと一緒の講座が
スムーズに行え感謝しています。
ありがとうございました。








2017年11月18日土曜日

第3回マタニティカフェを行いました

3回目のマタニティカフェは、
当事務所のある今津幼稚園で行いました。

「ふぉとでこや」のたなかかなこさんにお越しいただき、
スクラップブッキングで素敵なフォトフレームを作りました。

スマホやデジカメで写真を撮ることは増えましたが、
現像して残すのは大変、
という方は多いのではないでしょうか。
でも
これから生まれてくる赤ちゃんや家族の写真を
残しておくのに、ちょっとしたメッセージを添えたり、
デコレーションされたものを見るのは
家族にとってとても楽しい時間になるでしょう。



色々なパーツを組み合わせたり、道具を使ってパーツ自体をつくったりして
お気に入りの一枚をデコレーションして楽しみました。
参加された方々は、互いに妊娠中の生活のことや、
出産の準備について、情報交換されていました。



2017年10月31日火曜日

子育て講座「こんなに違う!脳から見た男の子と女の子」を開催しました

名古屋市聖霊病院から小児科医の山本和之先生をお招きし、
「こんなに違う!脳から見た男の子と女の子」と題して
10月28日(土)に子育て講座を行いました。














26名のご参加をいただき、
最新の脳科学から見る、性の違いをお話しいただき、
子育ての中で、男の子・女の子それぞれに
どのように接するとよいかヒントをいただきました。

最近の研究で、男女によって、生れる前から
脳の働きが違うことがわかってきているそうです。
女性の脳で大きかった部分は共感・言語・記憶の能力をつかさどり、
男性の脳で大きかった部分は空間イメージをつかさどる部分だそうです。
人類の進化の過程で、女性が1人で出産できない骨格となり、
助け合って子孫を残す営みの中で、脳は適したつくりに発達したそうです。
同様に、男性は子孫を残すために、狩りをし、
女性に対していかに価値のあるものを差し出せるかが重要となったため、
強さ・速さ・賢さをめざし、脳が発達したのだそうです。

理にかなったお話しの数々はとても興味深く、
だから、男の子はすぐ棒を振り回し、高いところに登り、なんでも触りたがる。
女の子はおしゃべりが好きで、共感する人をよく観察し模倣が上手。
などと納得の1時間半でした。

お子様連れのお母さんたちには、別室託児とせず、キッズスペースで講座を聞いていただきました。
子どもたちもママのそばで安心して遊べたようで、好評でした。

男の子・女の子の性質の違いが分かると、
「なんで男の子はこうなんだろう!」などとイライラせずに子育てができるのではないでしょうか。


講座終了後は、参加者さん同士で、
男の子・女の子あるある話で盛り上がり
楽しい講座となりました。
ありがとうございました。



2017年10月27日金曜日

マキノおもちゃ病院が開かれました

  10月21日(土)マキノ児童館でおもちゃ病院が開院されました。
 当日は、台風前の雨にもかかわらず、65名の方の来場があり、43個のおもちゃが
 修理のために持ち込まれました。  
    
              

         受付で問診を受け、診察・治療(修理)が始まります。電池の点検や入れ替えをしたり、ねじを外して解体修理をされるおもちゃドクターは、
総勢8名。 

尼崎市や滋賀県内でボランティアとして活躍されている方たちばかりです。

県外から3名の専門スタッフに加え、地元ボランティアスタッフ6名と万全体制のおもちゃ病院でした。

無事に修理が終わって持ち主の子どもたちの手に返されたおもちゃは、また大切に遊んでもらえることでしょう。

この日、修理ができなかったおもちゃは、尼崎のドクターのもとへ入院しましす。
少し時間がかかりますが、修理されて帰ってくるのを待つことになります。

元気になって退院してくるのが待ち遠しいですね。

高島市でも定期的におもちゃ病院の開催ができると良いですね。
おもちゃドクターの募集も続けてされています。興味のある方は、ご連絡ください。

 ☎ 090-3051-3614 木下さん
           

2017年10月10日火曜日

子どものかかわり3連続講座③

105日(木)働く女性の家にて
子どものかかわり「幼児安全法」 
を開催しました。消防本部から、救急指導員の方に来ていただき、AEDの使い方などを学びました。

いつどこで、突然のけがや病気におそわれるかわからないものです。
小さなお子さんの突然死の原因は、けが、溺水、窒息などです。
未然に防ぐことが一番大切ですが、万が一起きてしまったときは、どうすればよいか、
あらかじめ知っておくことで大切な命を救うことができます。












講座では、一般的な救命救急の方法に加えて、
小児(1歳~15歳)乳児(1歳まで)の場合も指導を受けました。
実際に人体模型を使って、心配蘇生法、AEDの使い方などを全員が体験しました。











見ているだけではわからなかったことも、体験することで実感できました。
「こんな時はどうしたらよいですか」との質問に、
救急指導員の方々は、現場での体験も交えて丁寧に答えてくださり、
中身の濃い3時間となりました。